FC2ブログ
めぐろのY子より ホーム » ウチでの話 » サンクチュアリーその2

サンクチュアリーその2

サンクチュアリーその1


の続きです。から読んでね!







Y子の隣家は木造平屋の一戸建てで、
おっきな柿の木がありまして、

柿の季節には、

沢山の鳥達が集まってきまして・・・



サンクチュアリ02


都会の片隅の、「鳥達の聖域」



今となっては
   ↓ ↓ ↓


ホント美しい光景でした
 ↓ ↓ ↓


コメント
非公開コメント

そこにあるのが「当たり前」だった光景が消えてしまうって、本当に淋しいですよね。
うちは大阪でも郊外なので緑が多いです。
部屋からの眺めなんてどっかの別荘地みたいにきれい。
なのに目の前に大きなマンションできちゃって・・・。
変わっていくのは止められないんだなぁっと思いました。
街も私の容貌も(笑)

2012-02-11 17:42 │ from SlowLife │ URL

大学は女声合唱部だったんですけどね。
文化系館2階にある部室の窓一面に桜の木が枝を広げていましてね。そりゃぁもう、春なんぞ、至近距離で桜の海を堪能出来ていました。
兵庫県下の大学合唱部業界に当時その名を轟かせていた飲み会をする猛者が集うようなクラブでしたが、その絶景は妙に女の園な具合でした。

・・・・ほんと絶景だったんですけどね、見る機会ないないんですね。他にないかしらね。ないんですけどね。

2012-02-11 21:06 │ from みずな │ URL │

えーっw(゜o゜)w
柿の木もお家もなくなっちゃったんですか!?
まさかの展開に驚きです。

なんか寂しいですね(ノ_・。)
鳥達は、どこへ行ったんでしょう…
新たに集えるスポットが見付かってると良いですね。

2012-02-11 21:29 │ from モッキィ │ URL │

木どころか家まで…
税金の事とか、いろいろありますからね。

たぶん、鳥たちは次のポイントを見つけてますよ。

2012-02-12 00:48 │ from ねーさん │ URL │

ウチのマンションも幼い頃は自宅から双眼鏡で富士山がチラッと見えましたが、今は高層マンションが建って見えません。
マンションの入り口からは東京タワーが見えましたが、駅ビルの工事で見えなくなってしまいました。
このまま昔から見えてたものが見えなくなる…「そのうち何が見えるようになってしまうんだろうと?」と感傷的になってしまいますね。

2012-02-12 01:33 │ from いわくら │ URL

根っこからなんでしょうか
尊敬する人の本に、「木は最も忍耐強い人類の友だ」
とあって、ほんとだなーと常々思ってました。
木が切られるのって悲しいですね。

2012-02-12 11:40 │ from とり │ URL │ 編集

え~?!
なんか泣いちゃいそうです。。。

去年咲いたひまわりを抜いてフェンスに立てかけておいたら、冬の間小鳥たちが来て種を食べていました。その様子がとても可愛かったので、今年はえさ台を買おうかと思ってます。

2012-02-12 13:31 │ from Corvallis │ URL │

うーん、残念ですね・・・。
我が家も年々、マンションに囲まれて
景色が変わってしまいました。
家の前にあった大きな桜の木もガレージになったし。。。
借景なので仕方ないですが、
y子さんの残念さも、よくわかりますぅ。

2012-02-12 13:39 │ from ピカピカ │ URL │

鳥達もきっと別のすこやかな場所で、また楽しくピーチクやっていると思われます。
なんとなくY子さんの引越しフラグ来た?とか感じた日記でした。

もうすぐ春ですしね♪

2012-02-12 18:30 │ from ないの │ URL │

がーーーん。
鳥たちが集う柿の木は、甘くて美味しいんですよねって書いたばっかりだったのに…。
「アレ、なくなっちゃったんだ?」ってガッカリしただろうなぁ、鳥たち…。
人間って自然に対してエゴだなぁ…。

2012-02-12 20:50 │ from よーこ │ URL │

私も、前の記事に楽しんで下さいねって書いたのに
こんな悲しいオチがあったとはっ。(泣) どうか
鳥さん達に新しい楽園が見つかりますように…。
Y子さん、お互いめげずに前向きで行きましょうねっ!

2012-02-13 10:25 │ from ルーガ │ URL │

ただ『あ、お隣さん無くなったんだ~』って思って終わりそうなお話も、Y子様ワールドでほっくり。
毎朝、眩しくてTVが見えづらい窓に、明日から感謝できそうです。

無くなって気が付く。今日のひとことに・・・

2012-02-13 13:36 │ from おまめ │ URL │

> SlowLifeさん

 そうですね~
 美しい眺望は何にも変えがたい恩恵ですよね~
 
 途中まで「うんうん、わかるわかる」と
 しんみり読ませていただいてたんですが、
 「街も私の要望も・・」で
 「わっかっる~~~~^皿^」とにやけてしまった!









>みずなさん

 やはり!兵庫県下の大学合唱部業界において、
 その名を轟かせていた猛者どもの集まりにいらっしゃった
 とのこと!
 カラオケブートキャンプでも、
 大活躍だったみずなさんのルーツを垣間見た^0^
 
 私も桜は大好き!ホント好き!あれはこの世の天国ですわ^^










>モッキィさん

 ね~~!鳥達が新たなご飯スポットを見つけてると
 いいな~って思います。
 たぶん見つけてると思いますっ!
  
 でも・・・いきなりお隣が消えたのにはビックリしたな~
 SFみたいな気分になりましたよ。











>ねーさんさん

 そうですね~
 わかるんですよ~
 でも、言ってくれれば、私達があの平屋に
 引っ越したのに!
 
 ・・・・って払えるのか家賃・・・て感じ^^;?











>いわくらさん

 そうですね~!
 うちも昔は富士山も見えたし、
 至近の遊園地の花火も見えた!
 遠くの秩父連山の山並みも見えた!

 今じゃ~隣家に阻まれ見えないんだな~
 スキ間から見える空の青さにちょっと癒され・・・^^









>とりさん

 柿の木は根っこから持ってかれちゃいました。
 でも、でも、「80歳の木の物語」 
 http://ykomeguro.blog84.fc2.com/blog-entry-961.html
 の木は「切られた」だけなんで、
 もしかしたら、芽が出てくるかも!
 って思ってるんです^^










>Corvallisさん

 私もね~実はね~
 ちょっと「うっ」ときましたわ。
 鳥もそうだし、朝日が大好きだったんで^^;

 でも、Corvallis さんのアメリカの
 ひまわりバードサンクチュアリ、
 楽しみにしてますわ~!カワイイですよね!










>ピカピカさん

 そうですね~
 借景だけに、仕方がないっ!
 そうなんですけどね~くくう・・・
 
 だので、あの朝日の差さなくなった部屋は、
 カーテンにでも凝って、ガラスに色々貼ったりして
 趣味部屋にでもしてしまおうかと思ってます^^
  
 もともと衣装部屋みたいな扱いだったんで・・・













>ないのさん

 す、すごい!
 我が家をのぞいてましたか?

 朝日の部屋が窓をふさがれたのに伴い、
 「引っ越しだ~引っ越し引っ越し!」と
 騒いで、かんちゃんを困らせてたの・・・
 ・・・・見てました・・・^0^;?


 たはは・・・










>よーこさん

 あの柿の木、相当美味しかったんだろうな~
 せめて一個位食べておけばよかった・・・

 ・・・あ、違うか!^0^;

 あのお宅、鳥がたっくさん来て、糞が沢山庭に落ちて、
 またそれが養分になって、柿の木に吸われて、
 甘い実となって、それを鳥達が食べて・・・って
 ステキなサイクルだったんでしょうね~^^











>ルーガさん

 はいっ!なんとか前向きにいきまっす^0^!
 とりあえず、朝日のまぶしい部屋がなくなったけれど、
 それと引き換えに、 隣アパート至近距離の部屋に
 トヨエツ似のイケメンが引っ越してくるのを
 呪いの様に祈っておりますっ!!

 むふふ・・・










>おまめさん

 そうですね~!
 きっと新しい状況にも感謝できることって
 いくつも見つかるはず!!!

 今は、今まで受けてた恩恵に感謝感謝で、
 今ある恩恵も当たり前と思わずに
 ありがとう!って気付こうと思ってます^^

 隣にアパートが出来る事で何かいいことあるかな?

2012-02-13 15:41 │ from めぐろのY子 │ URL │ 編集

Y子さん
「80歳の木の物語」ありがとうございます。いろいろな気持ちが
私の所へも届きました(TT)
心の師匠はインドのひとで、大学で教えてた時期が何年かあり
まして、やめる時に、大学に通った間ずっと親友であったその木
に挨拶に行って、しばらくハグをしたそうです。
それを思い出しました。

日本人だから触れるだけにしといたけど、Y子さんもお父さんも
もしインド人だったらハグしてたんではないでしょうか。 
インド人じゃなくていいか。
お母様の心意気、かっこいいですね。思いやりの言葉と感じました。

長くなって申し訳ないのですが、もう一ついいですかすいません。
去年の台風にうちの桑の木の枝が、隣の二階の窓を打つから
何とかしてくれと、そこのおじさんに言われてしまい、
シルバー人材さんに頼んで切ってもらったんですが、

それが地面3メートルくらいのところから。
すぐ伸びるからって、おじさんがじーと見てるから。
そしたら木は大急ぎで、たくさんのみごとな葉っぱをつけて、
りっぱな姿になったんですよ。 3~4ヶ月で。
高さはこじんまりとして^0^

ごめんねごめんねと謝ってたのが、尊敬してほめたたえる
日々にかわりました。小鳥たちも祝福の大合唱でした。

ご実家近くのその木は、曲がったままでは苦しかったでしょうし、
根っこが残ってるのなら、可能性ありますよね。
環境の違いや寿命があるかも知れないですが、芽が出ると
いいですね。 私も遠くからお祈りしています。

 

2012-02-13 18:37 │ from とり │ URL │ 編集

>とりさん

 そうですね~^^
 ハグしたかったですっ!ほんと!
 近所の目がなければっ!!^0^;

 そして・・・

 ステキな桑の木のお話をありがとうございました^^

 そっか~3.4ヶ月でそこまで葉っぱつけましたか!
 鳥達も戻ってきましたか^^

 嬉しいお話です^^
 
 今でもハハと外を散歩すると、
 ハハはその切り株を見に行くんですよ。
 「芽が出たかな~」って^^

 その桑の木の話を80歳の木にしてみますわ。
 そして、ちょっと応援してみますわ。
 
 そして・・・芽が出たらご報告いたしますわ~^0^

 ありがとうございました^^

2012-02-14 20:13 │ from めぐろのY子 │ URL │ 編集

トラックバック

http://ykomeguro.blog.fc2.com/tb.php/1034-2865eff5